☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします

『Google ウェブマスター向け公式ブログ』の『医療や健康に関連する検索結果の改善について』って記事がけっこう凄い反響みたい。

目安時間:約 14分

Twitter(ツイッター)をみると、

 

『Google ウェブマスター向け公式ブログ』

 

ってキーワードがトレンド入りしてたんです。

 

「何でだろう?」

 

と疑問に思って『Google ウェブマスター向け公式ブログ』まで行って

見てみたワケなんです。

 

最新記事の『医療や健康に関連する検索結果の改善について』を見てみると、

何でもGoogle日本語検索における

医療とか健康なんかの検索結果改善を意図して

ページ評価方法をアップデートしたそうなんです。

 

そうした改善により、

医療機関や医療従事者あるいは専門家なんかから発信される情報、

つまりGoogleから『信頼に足る』あるいは『有益である』と判断されたサイトが

検索上位に表示されるようになったってことなんですね。

 

詳細に関しては以下、

『Google ウェブマスター向け公式ブログ』へのリンクにて

記事をご一読下さい↓

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ 医療や健康に関連する検索結果の改善について

 

Googleがこうした対策に乗り出した背景としては、

約1年ほど前に世間を騒がせた出来事、

つまり医療・健康系のキュレーションメディアWELQ(ウェルク)などによって引き起こされた

信憑性の無い記事が大量に発信され、

さらに結構な量の記事が検索上位表示されていたってことに

起因するだろうってことは容易に想像できます。

 

例えば、

 

『肩こりの原因は幽霊』

 

ってな感じのタイトル記事が掲載されていたりしたワケなんです。

 

そうした記事がオカルト系サイトにあれば、

 

「まぁそういうこともあるかもね!?」

 

ってことで納得するのかもしれませんが、

それが医療・健康系を標榜するキュレーションサイトにあったとなれば、

 

「そりゃ、違うだろ!!」

 

ってことになって騒がれるのも当然なワケです。

 

結局、そういった事が騒がれてすぐにWELQ(ウェルク)ってサイトは

全ての記事が非公開となり、

その後少しして閉鎖されたわけです。

 

健康系の記事って、

例えば「●▲◆」って食品があったとすると、

こちらの記事では『●▲◆は体に良い』、

あちらの記事では『●▲◆は体に悪い』

ってな風に言っていることが180度違っていたりして、

 

「どっちやねん!!」

 

ってツッコミを入れざるを得ないシーンも多々あるワケです。

 

相反する意見を私たち素人が判断することは困難なため、

Googleがそういった記事の検索順位を下げることにより、

おのずと専門家の見解を重視する、

そういった流れになるってのは仕方ない面もあります。

 

もっとも、

『Google ウェブマスター向け公式ブログ』の

『医療や健康に関連する検索結果の改善について』の記事にもあるように、

医療機関や医療従事者や専門家による記事ってのは、

難解な専門用語が多用されているワケです。

 

専門知識がない素人がそうした医療専門用語などを知っている可能性は低いため、

せっかく専門家が発する有益な医療・健康関連トピックスがあったとしても、

そもそも検索に引っかからない可能性も高いわけです。

 

そういったことからGoogleとしては、

 

『難解な医療の専門用語が多用されたコンテンツだけでなく、

日常会話で一般人が使うような平易な言葉でのコンテンツ作成も考慮して下さいね』

 

ってな風に呼びかけているワケなんですね。

 

実際の話、難しいことを難しく説明するってのは誰でも出来るんですが、

専門分野の難解な言葉を平易な言葉に直して

素人でも分かるように噛み砕いて説明するってのは、

それらの知識を完全に自分の身につけていなければ困難なことだと言えますので、

かなりのテクニックを必要とすることは想像に難くありません。

 

医療機関や医療従事者や専門家といった立場からの、

 

『誰でも分かる言葉で作成されたコンテンツによる情報発信』

 

というものは誰もが望んでいることでもありますので、

是非とも『より平易な言葉で!!』ということを心がけながら、

コンテンツ作成のほうを頑張って欲しいものだと思います。

 

ちなみに『平易な言葉』っていっても、

 

「こっからここまでは平易な言葉、ここから先は難解な言葉」

 

って風な目に見える形でのボーダーラインがあるワケでもありません。

 

そういったことから、

平易な言葉の尺度っていうのか、

平易な言葉というものに対して、

そこそこの基準が示されていなければ、

イメージがイマイチ湧かないかも知れません。

 

参考になるかどうかは分かりませんが、

少し私の経験談をお話しします。

 

ちなみに私、営業の仕事をずっとしているんですが、

30年ほど前、営業マンに成りたての頃に上司から言われたことで

今でも記憶に残っていることがあるんですよ。

 

その言葉は、

 

「商品説明する際に難しい言葉は絶対に使うな。

なぜかって?

お客さんが小学校しかでていないような

お年寄りだったとしたら内容が理解できんだろ。

理解できん言葉で煙に巻くのは詐欺師のやることなんだよ。

誰にでも理解できる言葉で説明して十分に納得した上で契約して頂かないと

後からキャンセルされるだけで意味が無いってことよ。

誰でも分かる言葉ってのは……

そうだな、小学六年生にも理解できるって感じかな?」

 

ってな感じです。

 

つまり、かつての上司が言う所の平易な言葉ってのは、

小学六年生にも理解できる言葉ってことなんですね。

 

もっとも難しい言葉って『カッケー!』って風潮もあるんで、

ついつい使いたくなる気持ちってのも分かるんですけどね。

 

実際の話、本サイト記事でも敢えて難しい言葉って使ったりするんですよね。

 

しかし、私が難しい言葉を使っているシーンってのは、

大抵がギャグモードな場面なんですけどね。

 

『面白真面目』

 

って言いますか、

私の場合はリアルでも、

 

『真面目な顔で面白いことを言う』

 

って芸風なワケです。

 

そういった事からすると、

難解な言葉から始まって笑えるオチに持っていくって流れが、

その落差と言いますかギャップが激しいんで、

より笑えるんじゃないかって思惑があるんですよね。

 

ところで・・・

 

本サイトって『健康寿命を延ばす』なんて言ってることもあり、

その格調高い文体や、

記事中から漂う高尚な雰囲気なども踏まえると、

いわゆるオーソリティーといった立場の人間が

コンテンツ作成にあたっているかのようなんで、

一見すると医療・健康情報の発信サイトみたいに見えるじゃないですか?

 

本サイトのコンテンツ作成者たる私としては

医療・健康サイトって風に思ったことは無いですね。

 

例えば、呼吸しないと人間って死んでしまうワケです。

 

つまり呼吸ってのは生命に直結するんで、

ある意味、医療・健康ってことも言えます。

 

例えばここに、

 

『呼吸は生命の根幹!!毎日、欠かさずに呼吸しよう!!』

 

なんて言っているサイトがあったとします。

 

そんな呼びかけをされても、

 

「はぁ?なに言ってんの?そんなん当たり前じゃん!!」

 

ってな風にしか思わないワケです。

 

本サイトってのは、

人が呼吸することが当然であるといった風に、

日常における当たり前のことを推奨・推進するサイトでしか無いんです。

 

どういうことかって言うと・・・

 

本サイトってのは『健康寿命を延ばす』ことを希求しているワケです。

 

そのために、

 

『PCオンラインゲーム(eスポーツ)で認知症予防・ボケ防止に努める』

 

『毎日30分以上の運動で健康な体づくり・体力維持・体力向上を目指す』

 

って二つのことを実践しているワケなんです。

 

認知症予防・ボケ防止のために良いと言われることには

次のようなものが挙げられます。

 

「頭を使う」

 

「指先を動かす」

 

「人とコミュニケーションを取る。人と会話する」

 

こういったことは決して奇をてらったものではなく、

昔からごく普通に言われていることであり、

『認知症予防・ボケ防止に最適』だと、

そこいらの人々からも普遍的な認識が持たれているってことが言えます。

 

つまり空気のように特に意識することすらない、

一般常識的な感覚だとも言えます。

 

ってことで、

誰でも簡単に毎日の生活に取り入れて実践できることで、

昔から一般常識的・普遍的に、

認知症予防・ボケ防止に良いと言われてきた、

 

「頭を使う」

 

「指先を動かす」

 

「人とコミュニケーションを取る。人と会話する」

 

ってことに

 

「全てに合致しているモノは何か無いか?」

 

ってことで辺りを見回した時、

 

それがたまたま、

 

『PCオンラインゲーム(eスポーツ)』

 

だったので本サイトでは

 

『PCオンラインゲーム(eスポーツ)は認知症予防・ボケ防止に最適!!』

 

ってことで推進・推奨しているってことなんですね。

 

次に、

 

「体を動かさなければ健康に良くない」

 

ってのも空気のごとく一般常識的な感覚だと言えます。

 

人間というもの体を動かさなければ足腰が弱くなって体力が落ち、

体力が落ちるということは病気への抵抗力なんかも無くなり、

更に悪いことには万一病気になり手術なんて事態になったとすれば、

普通の体力さえあれば失敗しようの無い手術にすら耐えられず、

最悪死亡する可能性すらあります。

 

そういったことから、

 

「毎日30分以上の運動で健康な体作り・体力維持・体力向上に努めよう」

 

なんてことも呼吸するかのように日々の生活において

実践して当たり前ってことが言えるワケなんですよね。

 

つまり『健康寿命を延ばす』ってことを指標に、

本サイトで推進・推奨している、

 

『PCオンラインゲーム(eスポーツ)で認知症予防・ボケ防止に努める』

 

『毎日30分以上の運動で健康な体づくり・体力維持・体力向上を目指す』

 

という二つの軸は、

呼吸同様に日々実践したとしてもそれは

 

『当たり前のことでしかない』

 

って風に言えるワケなんですね。

 

 

私達のコミュニティ『介遠隊』では認知症予防・ボケ防止の観点からPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUPG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』をプレイする事が最善・最適だと考え推奨・推進しています。

 

更に私達『介遠隊』会員は毎日30分以上の運動をルールとし、自身に課す事で健康な体づくり・体力維持・体力向上に努め健康寿命を延ばすことを目的としております。

 

ぜひ!あなたも私たちのコミュニティ『介遠隊』の会員になって、一緒にPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUPG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』を始めましょう。

 

そして『介遠隊』の気のあう仲間達と一緒に和気アイアイ、仲良く楽しくワイワイとコミュニケーションを取りながら『健康寿命を延ばす』という指標に向かって共に歩んでいきましょう。

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
blogramのブログランキング←↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
介遠隊のツイッター⇒介遠隊Twitter

【フェイスブック↓気軽に申請&フォローお願いします】
介遠隊のフェイスブック⇒介遠隊Facebook
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
 私たちのコミュニティ介遠隊ではボケ防止・認知症予防にはPCオンラインゲームをプレイすること「eスポーツ」が最適だと考え推奨・推進しております。

 「eスポーツ」としての現時点での推奨・推進PCオンラインゲームはPUPG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)です(その理由はブログ記事で根拠に基づく説明をしていますので参照下さい)。

 さらに私たち介遠隊会員は毎日30分以上の運動をルールとし、自らに課すことにより健康な体づくり・体力維持・体力向上に努め健康寿命を延ばす事を目指します。

 私たちのコミュニティ介遠隊は中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者がチーム戦などの仲間づくりを気兼ねなく出来る場所ということを目的として設立されました。

 不安だらけな中高年世代でのPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューの拠り所としての安心できる場所をコミュニティの仲間たちと共に目指します。

 是非あなたも介遠隊の仲間となり、私たちと共にワイワイと楽しむ素敵なコミュニケーションの時間、これからの未来のワンシーンを共有していきませんか?

 ※介遠隊会員への入会は現在コミュニティ内のツールを準備中のため、準備が完了次第、本ブログorお問い合わせ頂いている方にはメールにて入会案内しますので、アナウンスの際には会員登録のほうお願いします。

スポンサードリンク