☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします

[その2]9月1日-防災の日『健康寿命を延ばす』なんて言いつつ寿命すら全う出来ないなんて事が無いよう災害対処への意識向上は必須&何故かプレミアムフライデー&猫の集会

目安時間:約 18分

前回の記事では『9月1日は防災の日』ってことで災害への危機意識向上って感じの記事を書くつもりでしたが、なぜか『プレミアムフライデー』の記事になってしまいました。

 

あ、ありのまま今起こった事を話すぜ!!

 

「俺は防災関連記事を読んでいたと思ったらいつのまにかプレミアムフライデーだった」

 

な、何を言っているのか分からねぇと思うが

 

俺も何をされたのかわからなかった・・・

 

頭がどうにかなりそうだった・・・

 

催眠術だとか超スピードだとか

 

そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

 

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・

 

『9月1日は防災の日』ってことで防災関連記事が読めるってんで、日ごろから防災知識向上を希求する自他共に認める防災意識高い系なあなたが「フンゴー!!」ってな感じで鼻息荒くブログ記事を読み始めたら『プレミアムフライデー』について書かれていたなんてのは看板に偽りありってなモンで、まさに今まで本ブログが長年に渡り築き上げて来た『安心と信頼の実績』というモンが瓦解しかねないような由々しき事態なわけです。

 

今後はこういった事態が起こらないよう「チッ、反省してまーす」ってことで猛省しライター一同衷心よりお詫び申し上げます。

 

私が思うにこういった事態が起こった原因はライターの文章能力が著しく低いことなんじゃないかって思うんですよね。

 

文章能力が低い人ってすぐに本筋から離れてワケ分からんことを書き出したりするんでテーマから逸脱したグダグダな記事になりがちなワケです。

 

今回は反省の意味も込め気合を入れて『9月1日は防災の日』に関する記事を書きたいなって思います。

 

あっ!?反省って言えば『反省だけなら猿でも出来る』なんて風に言うじゃないですか?

 

猿だけじゃなくネコも反省するわけなんです。

 

2日前にネコが私の部屋にゲロを吐いたんです。

 

ゲロを吐いたと同時に私の部屋からネコは逃げるように出て行ったんです。

 

私がゲロを拭きとって掃除していると、逃げたって思っていたネコがドアの隙間から掃除している私の様子をジーッと見ていたんですよ。

 

ゲロ掃除させられている状況を見つめるその視線に対して無性に腹が立った私はドアを閉めてネコの視線をシャットアウトしたわけです。

 

私の部屋は二階なわけですが一階に降りていくとゲロを吐いたネコが居たんです。

 

私と視線があった瞬間に申し訳なさげに俯いて視線を逸らしたわけなんです。

 

近寄っていくと普段は嬉しげに足元に擦り寄って来たりするんですが、この時は私の手が届かない所までサッと逃げるように移動するって感じでしたね。

 

そういった様子がかなり自己嫌悪っていうのか明らかに反省したような態度だったんで『猿だけじゃなくネコも反省する』ってことなんですよね。

 

ちなみにうちではネコを二匹飼っているんですよ。

 

そういえば本ブログでうちのネコって紹介したこと無かったですね。

 

今度折りを見てうちの猫ちゃん達をブログ記事にて紹介したいなって思います。

 

あんま猫ちゃん達をブログ記事で紹介するのは気が進まんなって面もあるんですが、たまにはネコちゃんのことを取り上げるのも良いんじゃないかなって思うんですよ。

 

なぜ猫ちゃん達をブログ記事で紹介ことに対して気が進まんかっていえば、楽だからです。

 

どういうことかっていうと・・・

 

私、以前ペットとかグルメに特化したブログってのもやったことあるんですが、ペット記事とかグルメ記事ってアメブロの芸能人ブログ並みにチョロっと文章を書いて後は飼っているペットの写真とか外食や自炊で食べた料理の写真を載せるだけって感じで、ネタみたいなんは殆ど考える必要がないんで手軽っていうか非常に短時間かつ楽々と記事を作成できるんです。

 

しかも記事作成が非常に楽な割にそれなりのアクセスが来るんですよね。

 

そういった楽に作成できる記事に慣れてしまうと、例えば本ブログみたいに多岐に渡るテーマでブログを書こうって思った際に非常に手間が多いため面倒くさく感じ、ブログ記事を書くという行為に対して億劫かつ苦痛に感じてしまうってな感じの弊害が発生しかねんワケなんですよね。

 

私みたいな怠け者体質な人間が楽な道を覚えてしまっては将来碌なことにならないってな風に感じ、ペットとかグルメに特化したブログってのは一切封印してしまったってワケなんです。

 

しかし本ブログは『健康寿命を延ばす』ってテーマを柱とし、多岐に渡るジャンルをテーマとして取り上げているブログなんで、たまにはペットやグルメをテーマとした記事があっても良いワケなんですけどね。

 

『健康寿命を延ばす』ってことが目的なのに、なぜ色んなテーマで記事を書いているのか?ってのは、例えば『意味深長な理由』って記事でも言っているような事が理由であり、そういったことは他の過去記事においても何回も繰り返し言って来たことでもあります。

 

ところで・・・

 

猫ちゃん達ってことから分かるようにうちには二匹のネコが居るんです。

 

オス猫とメス猫が一匹ずつです。

 

オス猫が『背水のJIN(ジン)』、メス猫が『よろし子 哀愁でいと』って名前です。

 

二匹とも迷い猫っていうか、貰って来たり買って来たりってんじゃなく、自発的にうちに住みだした猫なんですよ。

 

『背水のJIN(ジン)』は生後一ヵ月程度の仔猫の時に、『よろし子 哀愁でいと』は生後10日前後の仔猫の時にって感じで二匹とも自発的にうちにやって来たんです。

 

もっとも『背水のJIN(ジン)』は自分の足で歩いてうちにやってきたので真の自発的行動って言えるんですが、『よろし子 哀愁でいと』は厳密には自発的って言えんかも知れんですね。

 

なぜかって言うと目が開いたばかりだと思われる生後10日前後くらいの『よろし子 哀愁でいと』を親猫が口に咥えてうちにやって来て、そのまま置いて行ったからです。

 

つまり『よろし子 哀愁でいと』を育ててくれって親猫の自発的行動によって、うちで飼うことを託されたってわけなんですね。

 

しかしこの『よろし子 哀愁でいと』を託して去って行った親猫、普段からうちに出入りしていたネコってワケじゃなく全く初見の猫だったんですよね。

 

しかしネコって不思議ですね。

 

うちでは常に二匹のねこが飼われている状態なんです。

 

どういうことかって言うと、ネコって居なくなったり死んだりするワケなんです。

 

むしろペットとの別れにおいてそれ以外の理由があるのか?ってレベルで当たり前の話です。

 

もっとも居なくなったネコってのも恐らくは、付近に住む動物虐待を趣味とするような犯罪者予備軍ってな感じのキ〇ガイに毒エサを食べさせられたりエアガンやボウガンで撃たれたり、水路に落ちたり、車に轢かれたりってことで結局のところは死んでいるってのは間違いないでしょう。

 

ちなみに付近に住む動物虐待を趣味とするような犯罪者予備軍ってな感じのキ〇ガイってすぐ隣の家に実在するんですよ。

 

うちのネコって基本的にいつも庭にいるんですが、とある日、日曜日ってことで私は二階の自室でゴロゴロしていたわけです。

 

隣の家に住むキ〇ガイ一家の小学生の孫が祖父に向かって「ムクドリとネコは撃っていいって言ってたよね?」みたいに言ったのが聞こえてきたわけです。

 

すると隣の家に住むキ〇ガイ一家の祖父は「あぁムクドリとネコはドンドン撃て!!」みたいに答えるのが聞こえてきたわけです。

 

その瞬間にエアガンらしき音が聞こえてきて、おそらくうちの庭にいるであろうネコに対してBB弾らしきモノが撃ち込まれるような音がし始めたんです。

 

私の部屋からは死角となって実際の様子は分からなかったんですが、うちの庭に向かってBB弾が撃ち込まれているであろうことはBB弾らしきモノが跳弾となってうちの屋根だとか私の部屋の壁にまで当たっている音からして間違いないって判断できたわけです。

 

私の部屋って隣の家の庭に面した箇所にあるわけなんですが、私の部屋に面したこの隣のキ〇ガイ一家って家族全員が早朝から夜間まで、庭に出てきては大声で話しているため非常にうるさく私の部屋にあるテレビの音量より隣の家から聞こえる話声のほうが大きいってくらいウルサイってんで隣家に面した雨戸は閉めているんですよ。

 

もっとも防音雨戸ってわけじゃないんで、防音に関しては殆ど気休め以上の役割を果たさず、隣家からは相変わらず大声が聞こえてくる状況なんですけどね。

 

大袈裟にいっているように思うかもしれませんが、例えば知人と電話していた時に隣家からいつものように大声が聞こえてきたんですが、「部屋に誰かいるの?長話してゴメンゴメン、じゃまた今度電話するから」って切ろうとするので、「隣の家から聞こえる話声だよ」って言っても「気を使わんでいいから」って信じて貰えず電話を切られたほどなんです。

 

普段からそういった大声で迷惑を被っているってこともあるんで、いつかこのキ〇ガイ一家を怒鳴り上げてやろうって思っていたってこともあり、エアガンでうちの庭へとBB弾を撃ち込んでいる今以上のタイミングはないって思った私はベッドから飛び起きて服を着ると二階から一階へと走るように降りて行き、さっきまでBB弾が撃ち込まれていた庭に飛び出たわけです。

 

しかし悪党はカンがいいっていいますか、私が庭に飛び出た瞬間には既に動物虐待を嬉々として行う犯罪者たる祖父と孫の姿は無かったわけなんですよね。

 

そういった何もされていないタイミングで怒鳴り込んだりして、逆にこっちにキ〇ガイを擦り付けられても困るわけです。

 

「この前、隣の家から意味もなく怒鳴り込まれて怖かったわ~」ってな感じで自分のことは棚にあげて近所中に吹聴するような性格をしているんで私としても迂闊に動くわけにゃイカンかったわけです。

 

それ以来、隣家の動物虐待犯が庭に出て来ては大声で話すのはいつも通りなんですが、うちの庭に対してBB弾を撃ち込んでいる現場ってのは見ていないわけなんですよね。

 

私がこの二階の部屋にいるのはせいぜい日曜日の限られた時間帯か夜間の就寝時くらいしかないので、そのタイミングでは動物虐待の犯行に及んでいないってだけかも知れんですがね。

 

隣家のキ〇ガイ一家って全員が平気ですっ呆けたり、逆にこっちに悪者役を転嫁してきかねないってな性格をしているので、今まさにエアガンでBB弾を撃ち込んで動物虐待をしているってのを現認したその瞬間でないと怒鳴り上げることすら困難ってのはホントもどかしいですけどね。

 

まぁそのうちまたやるでしょうからその際はキッチリとカタを付けたいと思います。

 

話を元に戻します。

 

そうしてうちで飼っていた二匹のネコのうち一匹が居なくなったってなると、それと入れ替わるかのように一ヵ月以内程度の期間内に別のネコがうちにやってくるんですよ。

 

つまり、うちで飼うネコに関してはトコロテン式っていうのか、出て行った分が新しく補充されるって感じのシステムがどっかで構築されているみたいなんですよね。

 

そういった謎のシステムにより私が子供の頃から何十年にも渡り、うちには常に二匹のネコが居るって状況が保たれているわけなんです。

 

この謎のシステムがどういう風に運営されているかってことに関してはちょっと思い当たるフシがあるんですけどね。

 

『猫島』なんて風に言われる特殊な場所を除いて、普通のネコって群れることって殆ど無いじゃないですか?

 

しかし『猫島』以外にも猫が群れる、特殊な場面ってのがあるわけです。

 

それがいわゆる『猫の集会』なんて呼称されるシーンです。

 

恐らく『猫の集会』ってのがトコロテン式で常に二匹のネコが維持されるって謎のシステムの正体だと確信しているワケなんですよ。

 

その確信している理由ってのは簡単で、私が中学生の頃に近所にある神社の前を通りがかった際に境内で集会をしている猫たちが居たんです。

 

その猫たちは年齢層はバラバラでちょっと毛並みにツヤがないいかにも老猫って感じのネコもいれば仔猫もいるって感じだったんですよ。

 

その猫の集会を見た翌日に見覚えのある仔猫がうちにやって来たわけです。

 

言わずもがなっていうか大抵の人が想像がついたかもしれませんが、そのネコは前日に私が見た『猫の集会』に参加していた仔猫だったわけなんです。

 

前述のようにうちにはトコロテン式で常に二匹のネコが補充されるシステムなワケです。

 

その仔猫が来たのはそれまで飼っていた二匹のうちの一匹が死んで一週間くらいのちょうど欠員があった時だったのです。

 

常にネコが補充されるってことに常々疑問を感じて私の疑問が氷解した瞬間でもありましたね。

 

つまり『私のトコ』ってのは『二匹のネコが定員』ってことが周辺の猫たちにとっては周知事項となっているってことなんです。

 

ですので定員に対し欠員が発生した場合はネコの集会で『誰が欠員を埋めるか?』ってな感じの話し合いが行われているんじゃないかってことが想像に難くないワケです。

 

そのネコの集会を見た後でうちに来た猫ってのはたまたま仔猫だったワケなんですが、いかにも年寄りなネコが来るって場合もあります。

 

そういったいかにも年寄りなネコであってもお構いなしに来るってことは、欠員さえあれば『飼って貰える』ってことが猫の集会の申し送り事項みたいなんで周知されているってことなんでしょうね。

 

ちなみに『背水のJIN(ジン)』がうちに来たのは、見た目からするとおそらく生後一ヵ月くらいだったんじゃないですかね。

 

そういった仔猫の時にトコロテン式で二匹目のネコとしてやって来たわけです。

 

しかし『背水のJIN(ジン)』がやって来て一ヵ月ほど後に一匹目のネコが死んだんですよね。

 

この時点で『背水のJIN(ジン)』が一匹目のネコって立場になったわけですが、それから3日ほど経っていつものトコロテン式が発動し二匹目のネコとして親猫に咥えられてうちへとやって来たのが『よろし子 哀愁でいと』だったってわけなんです。

 

9月1日防災の日ってことなんでネコのことなんて書くつもりは無かったんですが、なぜかネコの話が思った以上に長くなってしまったので続きは次回にします。

 

 

私たちのコミュニティ介遠隊ではボケ防止・認知症予防の観点からPCオンラインゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』をプレイすることが最善・最適だと考え推奨・推進しております。

 

更に私たち介遠隊会員は毎日30分以上の運動をルールとし、自分に課すことで健康な体作り・体力維持・体力向上に努め健康寿命を延ばす事を目的としています。

 

是非、あなたも私達のコミュニティ介遠隊の会員となって、一緒にPCオンラインゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』を始めませんか?

 

そして介遠隊の気の合う仲間たちと一緒に和気藹々、楽しく仲良くワイワイとコミュニケーションしながら『健康寿命を延ばす』という目標へと向かって共に前進して参りましょう。

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします
ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
介遠隊のツイッター⇒介遠隊Twitter

【YouTube(ユーチューブ)↓チャンネル登録お願いします】
管理人(nakayama)のYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒管理人(nakayama)YouTube(ユーチューブ)チャンネル
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
 目指せ健康長寿|私たちのコミュニティ介遠隊ではボケ防止・認知症予防にはPCオンラインゲームをプレイすること「eスポーツ」が最適だと考え推奨・推進しております。

 「eスポーツ」としての現時点での推奨・推進PCオンラインゲームはPUPG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)です(その理由はブログ記事で根拠に基づく説明をしていますので参照下さい)。

 さらに私たち介遠隊会員は毎日30分以上の運動をルールとし、自らに課すことにより健康な体づくり・体力維持・体力向上に努め健康寿命を延ばす事を目指します。

 私たちのコミュニティ介遠隊は中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者がチーム戦などの仲間づくりを気兼ねなく出来る場所ということを目的として設立されました。

 不安だらけな中高年世代でのPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューの拠り所としての安心できる場所をコミュニティの仲間たちと共に目指します。

 是非あなたも介遠隊の仲間となり、私たちと共にワイワイと楽しむ素敵なコミュニケーションの時間、これからの未来のワンシーンを共有していきませんか?

 ※介遠隊会員への入会は現在コミュニティ内のツールを準備中のため、準備が完了次第、本ブログorお問い合わせ頂いている方にはメールにて入会案内しますので、アナウンスの際には会員登録のほうお願いします。