☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリックお願いします

認知症予防・ボケ防止策としてPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』をプレイすることの意義を再確認

目安時間:約 9分

今まで本ブログ記事においては繰り返し『PCオンラインゲーム(eスポーツ)でボケ防止・認知症予防に努める』『運動により健康な体づくり・体力維持・体力向上をはかる』といった『健康寿命を延ばす』というテーマに沿ってお話ししてきました。

 

今回はボケ防止策・認知症予防にPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』をプレイすることの意義というものを再確認したいと思います。

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』をプレイすることが、なぜ?認知症予防・ボケ防止に良いのか?

 

昔から言われていることなので、世間的には一般常識の範疇なのでしょうが『ボケ防止・認知症予防に良いこと』として『指先を動かす』『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』『頭を使う』といったものがあります。

 

まず『指先を動かす』という点において、『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)は、PCのマウスおよびキーボードを使った操作なので『指先を動かす』にピッタリと当てはまります。

 

次に『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』という点、『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)は当然一人でもプレイできますが2人または4人でのチームプレイが可能なので、2人あるいは4人の仲間でチームを組みボイスチャットで皆でワイワイと会話を楽しみながらコミュニケーションが取れるため『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』ということに最適です。

 

さらに『頭を使う』という点についても、『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)はゲームでの勝利には戦術および戦略が重要なため、立ち回りなど様々ことを考えながらの行動が必須なので『頭を使う』という点においても非常に優れています。

 

『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)がいかに、『ボケ防止・認知症予防』のために昔から良いと言われてきた『指先を動かす』『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』『頭を使う』という要件を満たしているのかが皆様にも再確認いただけたかと思います。

 

そう聞いて当然思うこととして「『指先を動かす』『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』『頭を使う』ということなら別に『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』じゃなく、他のPCオンラインゲーム(eスポーツ)でもいいんじゃないの?」という疑問点です。

 

それに対する答えは単純明快です。

 

『ゲームの目的がシンプルなので、誰でも直感的に一瞬でゲームの目的が理解できる』ということです。

 

目的が良く分からないようなゲームでは、本ブログで「一緒にゲームしましょう」なんて『PCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者の中高年世代』に対して一生懸命に呼びかけたところで『何をやっているか分からないのでパス』といった感じで一蹴されるのが容易に想像できるのです。

 

というか私ならそんなワケ分からんゲームは絶対に相手しないってことです。

 

私が考えたPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』のゲーム目的を端的に表す以下のキャッチコピーを見て下さい。

 

『【PUBG】バトルロワイヤル!参加者100人!最後の一人まで生き残れ!』

 

このキャッチコピーを見て『ゲームの目的が分からない』なんて人はたぶん居ないと思いますが、一応ゲームの目的を想像してみてください。

 

・・・

 

・・

 

 

そうあなたの想像どおり、『100人が参加して、最後の1人まで生き残る』というゲームなのです。

 

「そのまんまやないかーい!!」

 

そんなあなたのツッコミが聞こえたような気がしますが「そのまんまです」としか言いようがありません。

 

例えばリビングで家庭用ゲームをプレイしている家族を見かけて『どんなゲームしてるの?』なんて尋ねたとして、そのゲームの目的なんか説明されたとしても、大抵の場合はチンプンカンプンというか興味が無いのでルールを聞くフリだけしているって感じだと思います。

 

そんなチンプンカンプンで興味を惹かれるわけもないゲームなんてモンは、きっと家族がやっているゲームですら観戦をするなんてことはないかも知れません。

 

ましてや他人のゲームプレイ動画になんか興味を惹かれようもないって風に思うワケです。

 

ところが『100人が参加して、最後の1人まで生き残るゲームだよ』って聞いたら、目的が単純明快なので、家族がやっているゲームの観戦をする可能性もあるんじゃないですか?

 

まさにそういったゲーム『100人が参加して、最後の1人になるまで殺しあう』というのがPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』なのです。

 

あと『100人が参加して、最後の1人まで生き残る』って聞くと、『ゲーム終了までけっこう時間がかかるんじゃないか?』みたいな疑問が湧くと思います。

 

たぶん『最後の1人として生き残るために、100人全員がどっかに隠れていたとしたら何時まで経っても終わらないんじゃないか?』みたいなことを言いたいのだと思います。

 

しかしこの『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)はそういった点が非常に良く出来ていて、1回当たりのプレイ時間は最後の1人となって優勝した場合でも30分程度の時間で終わるのです。

 

『なぜ30分程度で終わるのか?』という疑問点は、PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』は大人気ゲームということもあり、大勢の人が動画配信しているため、そういったゲーム動画なんかを観て貰えればすぐに分かりますので、ここでは詳しい説明は省きます。

 

ちなみに1回当たりのプレイ時間は優勝者、ちなみに優勝することをPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』では『ドン勝(ドンカツ)』って呼称するんですが『最後の1人まで生き残り『ドン勝』した優勝者であっても30分程度のプレイ時間』ということで最大プレイ時間が1ゲームあたり30分程度なのですが、もしゲーム開幕直後に殺された場合なんかは『1ゲーム3分程度』で終了です。

 

ちなみに3分程度でゲーム終了したとしても、すぐ新たにゲーム開始ということで、再チャレンジできるので何ら心配はいりません。

 

『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)は、ボケ防止策・認知症予防には良いし、ゲームの目的は単純明快、一回当たりのゲーム時間は最大30分程度。

 

ゲーム配信動画を観るとめっちゃ面白そうだし、もう言うことなし!!

 

是非、あなたも私たちのコミュニティ介遠隊の会員となって、仲間として一緒に『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というPCオンラインゲーム(eスポーツ)を楽しみましょう。

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします
【☆PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリック&フォローお願いします☆】

ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
ツイッター⇒Twitter

フェイスブック⇒Facebook

【YouTube(ユーチューブ)↓チャンネル登録お願いします】
ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル

管理人(nakayama)のYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒管理人(nakayama)YouTube(ユーチューブ)チャンネル

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ