☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリックお願いします

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』の仲間づくりコミュニティ『介遠隊』会員となったとしても、最初は1人(ソロ)プレイする事の重要性とは?

目安時間:約 7分

今回はPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』の仲間づくりのためのコミュニティ『介遠隊』の会員となったとしても、最初は1人(ソロ)でプレイすることの重要性についてお話しします。

 

たとえPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』の仲間づくりのためのコミュニティ『介遠隊』の会員となったとしても、最初は必ず1人(ソロ)でプレイし、最低でもごく基本的な動き程度は練習しておく必要性があります。

 

まぁ当たり前の話です。

 

例えばPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』のゲーム内において、キャラクターを単に前進させる操作すら習得できていないような状態で、いきなり2人とか4人とかのモードで仲間とチームプレイしようってのは無謀すぎです。

 

パラシュートで降下した地点で微動だにせず動けない仲間に対し、「こうやったら前進、伏せはこうしたら出来ますよ」みたいなことをやっていると何もしないうちに、チーム全員がまとめて敵に撃ち殺されるであろうことは容易に想像できます。

 

というか、そのような状態では、そもそも思った地点で飛行機から飛び降りるという操作ができるのかどうかすら怪しい状態なので、アドバイスを受ける段階まで行けるかどうかも分かりません。

 

そんな状態では本人も仲間も楽しめません。

 

せっかくボケ防止・認知症予防の一環としてPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』を始めたのですからコミュニティの仲間たちと一緒に長く続けましょう。

 

長く続けようと思っても、面白くなければ続けることができません。

 

面白くプレイするためには、まずは1人(ソロ)でゲームに参加し、基本的な動きが出来る程度には練習しておくことが必須です。

 

PCオンラインゲームは初めてという方でも、家庭用ゲーム機でゲームした経験のある方は多いと思います。

 

大抵のアクションゲームには『チュートリアル』とか『チュートリアルモード』ってのがありますよね。

 

この『チュートリアル』でゲームの基本操作を覚えるわけです。

 

『チュートリアル』で全く練習することなく本番のミッションへと進んでいくって方はあまり居ないと思います。

 

『チュートリアル』ってのは大抵の場合は何回でもトライできるので、満足できる動きが出来るまで繰り返し練習し、会得出来てから本格的なミッションなど本番へと挑戦していくわけです。

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』には『チュートリアルモード』ってのが無いですから、1人(ソロ)でゲームに参加し、キャラクターを実際に動かしてみることでしか基本操作を覚えることができません。

 

実際にはゲームに参加せずに、頭の中だけで発生した状況を想定し、それに対し誰かに質問し答えを得ようとする、あるいは上手いプレイヤーのゲーム動画を観て答えを探す、そんなことしたって絶対に操作を覚えることは出来ません。

 

そもそも実際にゲームしていないので、自分が何を分かっていないのかということすら分からない。

 

まずは1人(ソロ)でゲームに参加し、そこで実際に発生した疑問点や問題点に対し、一つ一つ答えを見つけていくという過程を繰り返していくことが重要なのです。

 

知らないプレイヤーばかりの始めたばかりのゲームに1人(ソロ)で入って行くのは勇気がいることかもしれませんが、リアルに銃で撃たれるわけじゃありません。

 

単なるゲームに何をそんなに怯える必要があるのでしょうか?

 

よくオリンピック選手なんかが『試合を楽しみたいと思います』みたいに言ってるじゃないですか?

 

オリンピック選手みたいに国民の期待を担っているわけでもなく、世界的に注目されているわけでもないので、それこそ『死合を楽しみたいと思います』って言いながら気楽にゲームをプレイすればよいのです。

 

そして何回か1人(ソロ)でプレイし、基本操作がそこそこ出来るようになれば私たち皆のコミュニティ『介遠隊』の中で2人とか4人でチームプレイするための仲間を募ればよいだけです。

 

基本操作をそこそこマスターしてのチームプレイということで、きっと心に余裕もできていることでしょう。

 

その心の余裕はきっと仲間とのボイスチャットなどのコミュニケーションをより楽しいものにしてくれるはずです。

 

ちなみに今までの記事で幾度となく繰り返し、ボケ防止策・認知症予防に良いと一般的に言われていることとして以下のこと挙げましてきました。

 

『指先を動かす』

 

『人とコミュニケーションを取る。人と会話する』

 

『頭を使う』

 

私たちがプレイするPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』は見事に全ての要素が含まれていますので、認知症予防・ボケ防止のため末永くゲームを一緒に楽しんで行きましょう。

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします
【☆PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリック&フォローお願いします☆】

ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
ツイッター⇒Twitter

フェイスブック⇒Facebook

【YouTube(ユーチューブ)↓チャンネル登録お願いします】
ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル

管理人(nakayama)のYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒管理人(nakayama)YouTube(ユーチューブ)チャンネル

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ