☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリックお願いします

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』を始めるにあたり、どんなゲーミングPCや周辺機器を購入するか?色々と考えてみました。

目安時間:約 26分

今回はPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』を始めるにあたり、どんなゲーミングPCや周辺機器を購入ればいいのか?ということで色々と考えてみました。

 

ちなみにPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』をプレイし楽しむためには、かなり高スペックなゲーム用PCが必要みたいです。

 

ゲーミングPCって言うらしいんですが・・・

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)は普段使いのPCじゃゲームするのは非常に厳しく、さらに今回始めようとしている『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というゲームはショボいスペックのゲーミングPCではラグってカクカクするみたいなので、高スペックのゲーミングPCが必要とされるみたいなんですね。

 

ちなみにゲーム配信なんかで配信者に対してゲーム初心者と思われるリスナーが「ゲーミングPCのスペックは○○くらいならゲームできますか?」みたいに質問しているのをよく見かけます。

 

そういった際に決まって「ゲーミングPCのスペックは高ければ高いほど良い。出来れば現状でスペックが最高レベルのゲーミングPC購入をオススメする。その理由はスペックが低いと新しいゲームが出て来た時にプレイ出来ない可能性があるから」みたいに答えているワケです。

 

そんな感じなのでそれなりに満足のいくスペックのゲーミングPCを購入する必要があるワケなんですが、そうなるとそれなりの金額がかかりそうです。

 

さらにゲーミングPC本体に加えてモニター、キーボード、ヘッドセット、マウスといった周辺機器が必要なので、それらも同時に揃える必要があります。

 

しかし予算に上限を設けず金に糸目をつけず購入するってわけにはいきません。

 

そりゃそうでしょう。

 

ゲーミングPCと周辺機器を全て値段の一番高い最高スペックなものってことでカスタマイズしていけば普通に100万円とかになりかねません。

 

「100万円くらい安いもんよ」って方もそれなりにはいるでしょうが、100万円って金額を厳しく思う方のほうが圧倒的に多いだろうと思います。

 

ショボいスペックのゲーミングPCじゃラグってまともに動かない、かといって青天井の予算で購入するわけにもいかない。

 

ここいら辺は非常に兼ね合いが難しい問題です。

 

私が出した結論としてゲーミングPC本体と周辺機器(モニター、キーボード、ヘッドセット、マウス)、全ての合計金額30万円前後(税込み)で揃える方向で行きたいと思います。

 

あとマウスパッドも必要かも?って思いましたが、マウスパッドは持っているのがあればそれでも良いような気がするので、周辺機器の購入は『モニター、キーボード、ヘッドセット、マウス』ってことで行きます。

 

ところで・・・

 

なぜ合計金額30万円前後(税込み)なのか?

 

その理由をお話しします。

 

『認知症予防・ボケ防止のためにPCオンラインゲーム(eスポーツ)を始めよう!!』ってな趣旨である本ブログの特性上、本ブログを見て私に共感し「よし!!PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』をやってみよう!!」と考えるのは中高年のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者です。

 

今現在、10代20代の若者は一般的なPCは数万円で購入できるのが普通だと思っているでしょうが、中高年世代はつい最近まで一般的なPCを二十数万円、周辺機器を合わせれば30万円前後ほどかけて購入するのが当たり前の感覚だったワケです。

 

つまり今の中高年世代が『気分的な抵抗感があまり無くPCを購入できる』と感じるボーダーラインが30万円前後、つまり『PC代金30万円の壁』といったものが存在すると思えるワケです。

 

そういう風に考えれば、『認知症予防・ボケ防止のためにPCオンラインゲーム(eスポーツ)を始めようかな?』ってPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューを考えている中高年世代には『ゲーミングPCおよび周辺機器の合計金額が30万円以上だと絶対に売れない』だろうってことです。

 

というか私なら『ゲーミングPCおよび周辺機器の合計金額が30万円以上』なんてモンは購入しません。

 

私がゲーマーといった立場なら『金に糸目はつけん!!』って風になるかもしれませんが、単なるPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューを考えている中高年世代ですよ?

 

そんな立場にある人間が『ゲーミングPCおよび周辺機器の合計金額が30万円以上』もするような高価格帯ゲーミングPCセットを購入する道理がないってのは容易に想像できるじゃないですか?

 

ですからゲーミングPC販売会社なんかは『認知症予防・ボケ防止のためのPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューに最適な高スペックゲーミングPC&周辺機器セット!オールインワンで追加機器購入一切不要で手間いらず!!』ってな感じで中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者に向けてのゲーミングPCセットを30万円を切る価格帯で企画販売すればかなり売れるんじゃないかって思いますね。

 

もちろんPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューの中高年世代っていっても本ブログで私が御託を並べている程度にはネットで調べたりすることは出来るので、30万円でショボいスペックってんじゃ売れるワケもないんで本記事にあるようなゲーミングPCセット、『見るからに現状では最高レベルのスペック』ってな感じにはする必要はあると思います。

 

というか近年においては家庭用ゲーム機の手軽さやスマホゲームの台頭によってPCでのオンラインゲーム(eスポーツ)人口ってけっこう頭打ち傾向があるわけです。

 

まぁ当たり前の話です。

 

ゲーミングPC販売会社やPCオンラインゲーム(eスポーツ)開発&配信会社のマーケティングってのは20代前後の若者世代向け中心であり、本ブログで私が提唱しているような視点、つまり『認知症予防・ボケ防止のためにPCオンラインゲーム(eスポーツ)を始めませんか?中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューを応援します!!』みたいな今までPCオンラインゲーム(eスポーツ)に関心が薄かった層に対して新規参入を促すって感じの努力を怠っているようにしか見えないわけなんです。

 

というかPCオンラインゲーム(eスポーツ)界隈ってのは関連会社もゲーマーも中高年世代に対して冷たいっていうか、そもそも相手にしていないですよね?

 

中高年世代を相手にしていないってのは、例えば本ブログのブログランキングの順位なんか見ても容易に判断できます。

 

ブログランキングの順位が上がって、ブログランキングからも人が来るようになれば私たち介遠隊が認知症予防・ボケ防止の観点から推進・推奨する「PCオンラインゲーム(eスポーツ)人口も増える!!」ってことで、分かりやすい場所に【ブログランキング参加中!中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします】ってな風に書いてブログランキングのボタンを設置しているワケです。

 

だがしかーし!!

 

誰もブログランキングをクリックしないんですよ。

 

ちなみに私、高知県在住なんでブログランキングの『高知県』って所にもランキング登録しているんです。

 

『高知県』って皆さんご承知のように全国屈指のド田舎っていうか過疎地で人口も少ない県なんです。

 

そういった『高知県』におけるブログランキングの順位ですら本ブログは100位前後をウロウロしているって体たらくなワケです。

 

つまり『中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)人口増加を応援しよう!!』なんて誰も思っていないってコトはブログランキングの順位をみるだけでも判断出来るってワケなんですよね(ちなみにこのブログランキング云々って部分は10月末、つまり本ブログ開設から5ヵ月以上経過した時点での追記です)。

 

ゲーマーのピークは10代半ばから20代前半、遅咲きでも20代後半ってな風に言われますので、おのずとPCオンラインゲーム(eスポーツ)の中心世代は同世代の10代半ばから20代後半となるわけです。

 

『ゲーマー世代だけ相手にする』ってのなら『中高年世代は切り捨てる』ってことで問題ないワケです。

 

しかし、それでは少子化による若者世代の減少って要因も重なり、PCオンラインゲーム(eスポーツ)人口ってのは頭打ち状態からジリ貧となり最後にはポシャってしまいかねないわけですので、これから先を見据えた生き残り戦略の展開というのが必須だと思うわけです。

 

そういったことから『認知症予防・ボケ防止のためにPCオンラインゲーム(eスポーツ)を始めよう!!』ってな新しい視点で中高年世代というブルーオーシャン市場にアピールするようなマーケティング展開をすれば意外と簡単にPCオンラインゲーム(eスポーツ)人口を爆発的に増やすことが出来るんじゃないかって風には思いますね。

 

もっとも人間ってモンは『心地良い空間』ってのがあって、それは『現状が維持された空間』なんて風に言われるわけです。

 

そういった観点からすればPCオンラインゲーム(eスポーツ)界隈ってのは10代半ばから20代後半の『同世代で固まった心地良い空間』に、『現状維持という心地良い空間を破壊する異物』といった中高年世代を入れたくない、出来れば排除したいって風に思っているのかも?ってな風にも傍からは見えるわけなんですよね。

 

ところで・・・

 

私も現在は家庭用ゲーム機しかやっていないワケなんですが、家庭用ゲーム機よりもPCでのオンラインゲーム(eスポーツ)を勧めたいってのには経験に基づいた根拠があるんです。

 

『家庭用ゲーム機よりPCでのオンラインゲーム(eスポーツ)がオススメな理由』ってのは以下の記事に私の経験に基づきお話しをしていますので、読んで頂ければその理由が分かると思います↓

 

⇒ ボケ防止・認知症予防の一環としてオンラインゲーム(eスポーツ)を始めるにあたり、なぜ家庭用ゲーム機ではなくPCオンラインゲームなのか?

 

つまり、そういった頭打ちのPCオンラインゲーム(eスポーツ)人口を増やすためには中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者の新規参入を促すため策を講じるってことが絶対に必要であり喫緊の課題だと思えるワケです。

 

本ブログでは『認知症予防・ボケ防止のためにはPCオンラインゲーム(eスポーツ)が最適!!』って考えのもと『なぜPCオンラインゲーム(eスポーツ)が認知症予防・ボケ防止のために良いのか?』といったことを確たる根拠を持って広めているワケです。

 

本ブログのそういった考えに賛同および共感・同調していただける中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)初心者のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューを手助けするためのコミュニティが介遠隊なわけです。

 

そういったことから私たち介遠隊の考えに賛同・協賛・同調、あるいは中高年世代がPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビューすることでメリットがある企業・団体・組織・個人および、『健康寿命を延ばす』ことで予防医学の観点から医療費削減など多大なメリットが生まれる政府機関・官公庁などにも本サイトをスポンサードするなど応援・協賛頂ければと思います。

 

あと、本サイトにはブログランキングのボタンも設置してありますので、それを『一日1回ボチる』ことで本ブログの露出が多くなり『認知症予防・ボケ防止のためにはPCオンラインゲーム(eスポーツ)が最適!!』ってことがドンドン広まっていきますので、上に挙げたような『メリットが生まれる立場』に位置する企業・団体・組織・個人および政府機関・官公庁には社員および職員など所属する人員総出で、つまり『ブログランキング総合1位を取るような勢い』でブログランキングをクリックして応援することで『PCオンラインゲーム(eスポーツ)普及』や『健康寿命が延びることによる医療費削減』といった思いにかける『本気度を見せて欲しい』って思います。

 

あと本サイトを自サイトにリンクしたり、本サイト記事をSNSで拡散するって方法でも『認知症予防・ボケ防止のためにはPCオンラインゲーム(eスポーツ)が最適!!』ってことを多くの人に広めることが出来ます。

 

そういった『本気度』はPCオンラインゲーム(eスポーツ)人口増大とそれに伴う関連企業の売り上げ増大へと繋がり、それが『ブログランキング総合1位を取るような勢い』ともなれば、まさに『特需』のような状況となり空前のPCオンラインゲーム(eスポーツ)ブームといった活況を呈する状況となるのも決して夢物語ではないと思います。

 

話を元に戻します。

 

ちなみにショボいスペックのゲーミングPCじゃラグってまともに動かないってことの『ショボい』に一番影響を与えているのが『グラフィックボード』というものの性能みたいです。

 

当たり前の話ですが、ゲームってのはグラフィックにより動きを表現します。

 

それらのグラフィックを時間当たりに処理するスピードが速い『グラフィックボード』ほどゲームのキャラクターや背景などのグラフィックが滑らかに動くわけです。

 

つまりショボい性能の『グラフィックボード』ほどラグってカクカクし、キャラクターをまともに操作できない可能性が高くなるわけです。

 

じゃあ『グラフィックボード』はどれがいいのか?

 

ちょっと前まで『GTX 1080』って『グラフィックボード』が最強だったみたいなんですが、つい最近『GTX 1080 Ti』って『グラフィックボード』が出て今はそれが最強みたいなんですね。

 

あと重要なのが『メモリ』。

 

『メモリ』の容量が『8GB』じゃ不安だそうで、『16GB』は欲しいみたいです。

 

そこで『グラフィックボード』は『GTX 1080 Ti』搭載、『メモリ』は『16GB』のゲーミングPCってことでネットで探してみました。

 

『G-Tune』ってサイト(『G-Tune』のサイト⇒ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP)で『最新グラフィックス GeForce® GTX 1080 Ti搭載ハイエンドモデル!! NEXTGEAR i660PA1-SP3 Windows 10 Home 搭載モデル』ってのを見つけました。

 

この機種なら『グラフィックボード』は『GTX 1080 Ti』搭載、『メモリ』は『16GB』なので条件に完全合致します。

 

そうなると気になるのが価格ですが、カスタマイズせずにそのまま購入すれば『229,800円』、それに送料と消費税をプラスした合計金額は『251,424円』となります。

 

これって値段の割には『GTX 1080 Ti』&『16GB』とスペック的には申し分なく、結構コストパフォーマンス的に優れているような気がしました。

 

あと分割24回払いなら月々『11,800円』で購入できるみたいです。

 

ちなみに私は「月々『11,800円』ってメッチャ安い!!!」って感じました。

 

ぶっちゃけ月々『11,800円』なら、『月一回飲みに行く回数を減らす』って感じのことをするだけで、特に無理をしなくてもホント誰でもお小遣いの範囲内で買えるような金額じゃないですか。

 

しかし前述のようにゲーミングPC本体と周辺機器を30万円前後(税込み)で揃えるというのが今回の主旨です。

 

『G-Tune』(『G-Tune』のサイト⇒ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP)で購入するゲーミングPC本体で25万円という金額を使うわけなので、あと残り予算は5万円となります。

 

周辺機器については色んなとこで購入するのも面倒なので、Amazonで探してみました。

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)をする上でモニター、キーボード、ヘッドセット、マウスといった周辺機器はそれぞれ重要だと思いますが、最も重要なのはモニターではないでしょうか?

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』というゲームの特性上、『早く敵を発見する』というのが勝利のためには必須です。

 

にもかかわらずボンヤリした感じの普段使いのモニターを使っていては、ぼやけてしまって敵が見えないと思うのです。

 

どうせゲームするならクッキリ・ハッキリとしたモニターでいち早く状況判断したいものです。

 

ちなみにゲームをするなら『144Hz』のモニターが良いみたいです。

 

今まで普通のモニターでゲームしていた人が1回でも『144Hz』のモニターを使うと、元のモニターには戻れないくらい格段に良いみたいです。

 

早速Amazonで『モニター 144Hz』と検索したところ『BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms』ってのが『29,800円(税込み)』で一番安く、評価的に見ても問題なさそうなのでモニターはこれにします。

 

ちなみにAmazonで表示されている価格は全て税込みです。

 

次に重要なのがヘッドセットです。

 

PCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』で『早く敵を発見する』ためには、目で見える情報も重要ですが、同程度の重要さで『敵の足音や銃声などを聞き逃さない』ってのが挙げられます。

 

ヘッドセットは『Arctis 5』ってのが良いみたいです。

 

PUBG配信では超有名な方が『Arctis5はUSB接続でPCのサウンドカードに頼らないため、難しい設定が一切不要。誰でもUSBに差すだけで最高品質で音を聞き分けることができる』みたいに言っていたのでこれを購入すれば間違いないと思います。

 

早速Amazonで『Arctis 5』を検索したところ、『【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 5 Black 61443』がヒットしました。

 

価格は『12,583円(税込み)』です。

 

あと色違いで『【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 5 White 61444』というのもあります。

 

こちらの価格は『11,372円(税込み)』です。

 

つまりヘッドセット『SteelSeries Arctis 5』の価格は黒色が『12,583円(税込み)』で、白色が『11,372円(税込み)』ということで、黒色と白色の価格を平均すると『12,000円(税込み)』ってことになりますね。

 

次にマウスです。

 

マウスは『Rival 100』ってのが良いと、これもPUBG配信では超有名な方が言っていました。

 

何でも「プロゲーマーたちの中で一番評価が高かった」とのことです。

 

ただ「手が大きい人は『Rival 300』のほうが使いやすいかも?」みたいな感じでも言っていましたので、そこいら辺には注意が必要かも知れません。

 

Amazonで『Rival 100』で検索するとこれも色によって値段が違いますね。

 

とりあえず『Rival 100』の価格は『4,400円(税込み)』って感じですかね。

 

ここまでの周辺機器『モニター=29,800円(税込み)』『ヘッドセット=12,000円(税込み)』『マウス=4,400円(税込み)』の合計金額は『46,200円(税込み)』です。

 

あとはキーボードを残すのみです。

 

キーボードについては特に情報は無いので予算5万円から46,200円を差し引いた残り金額4,000円前後で『ゲーミングキーボード』とかで検索し評価などを見た上で自分好みのものを購入すれば良いと思います。

 

あとマウスパッドを持っていない方は千円前後で買えるので、ついでに購入するのが良いと思います。

 

『G-Tune』(『G-Tune』のサイト⇒ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP)でのゲーミングPC本体購入に25万円(税込み)、Amazonでの周辺機器一式購入に5万円(税込み)、トータル税込み30万円前後というか30万円ジャストって感じの金額で高スペックなゲーミングPC本体と周辺機器を購入できることが分かりました。

 

私が考えた30万円前後で購入できる『最強のゲーミングPC+周辺機器(モニター、キーボード、ヘッドセット、マウス)』は以上です。

 

もっとも私自身、ゲーミングPCやそれらの専門店には疎いため、もっと高スペックなゲーミングPCを同じような価格で購入可能かもしれません。

 

ちなみに私はゲーミングPCや周辺機器(モニター、キーボード、ヘッドセット、マウス)は未だ購入していません。

 

ちょうど6月初頭から県外出張があるので、注文するのは6月9日くらいを予定しているのです。

 

6月9日くらいに注文しても、商品到着は6月12日以降にはなると思います。

 

あと欠品などで商品到着が遅れる可能性もあります。

 

そして商品が届いてもPCオンラインゲーム(eスポーツ)をするためには様々なセッティングなども必要でしょうから、それらを調べながらとなると実際にPCオンラインゲーム(eスポーツ)『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』を始められるまでには暫くかかる可能性が高いでしょうね。

 

もし「もっと良いのがあるよ」など情報があれば、私の注文予定日6月9日までに『お問い合わせ』から情報を寄せて頂けると有難いです。

 

今回はこれで終わります。

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします
【☆PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリック&フォローお願いします☆】

ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
ツイッター⇒Twitter

フェイスブック⇒Facebook

【YouTube(ユーチューブ)↓チャンネル登録お願いします】
ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル

管理人(nakayama)のYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒管理人(nakayama)YouTube(ユーチューブ)チャンネル

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ