☆BlogRanking☆ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリックお願いします

【ケース2~窃盗・車上荒らし】犯罪者が犯す犯罪行為のエスカレーション(段階的な拡大・激化)防止のために!『仄めかし(ほのめかし)作戦』によって犯罪抑止効果を狙う!!

目安時間:約 25分

犯罪者による犯罪行為を抑止するためにはどうすればよいか?

 

今回も前回の記事に引き続きそういった観点に立って、私が遭遇した犯罪者による犯罪行為の経験を踏まえてお話ししたいと思います。

 

タイトルには『犯罪者が犯す犯罪行為のエスカレーション(段階的な拡大・激化)防止のために!『仄めかし(ほのめかし)作戦』によって犯罪抑止効果を狙う!!』とあります。

 

もっとも『仄めかし(ほのめかし)作戦』の対象者は犯罪者でありますので、本ブログ読者にはあまり関係ないとも言えます。

 

しかし、本ブログ読者のあなたが犯罪行為の被害者となるケースが無いとは言えないワケです。

 

そこで、『仄めかし(ほのめかし)作戦』にて犯罪者に対し「その犯罪行為はマークしているよ」って風に警告を発することで、犯罪者が犯罪行為に及ぶ気分を削ぐこととなり、おのずと犯罪発生率も低下するってわけなので、本ブログ読者であるあなたが犯罪被害にあう確率も減少するってことです。

 

犯罪者ってのは犯罪行為に一回でも成功すると、それに味をしめて犯行を繰り返すワケです。

 

例えば強盗殺人犯なんかも最初は車上荒らしだとか空き巣といった強盗殺人なんかの凶悪犯罪と比較すれば微罪ともいえる犯行を繰り返していたと思われます。

 

それが盗み入った家の住人と鉢合わせとなった際に隠し持っていた刃物なんかで住人を刺してしまい強盗殺人犯になるってワケです。

 

もっとも車上荒らしだとか空き巣だとかを繰り返していれば、いつかは強盗殺人といった事態になりうるってことは普通に考えれば予測できるわけです。

 

つまり、強盗殺人といった凶悪犯罪を無くすためには、強盗殺人の入り口とも言える車上荒らしだとか空き巣といった犯罪行為をさせないってことも重要だと言えます。

 

犯罪行為はエスカレートするってことを分かりやすく説明するために、前回の記事において『割れ窓理論』ってのをお話ししました。

 

『割れ窓理論』をWikipedia(ウィキペディア)から以下に一部引用しておきます。

 

---- 引用ここから ------

 

割れ窓理論

 

割れ窓理論(われまどりろん、英: Broken Windows Theory)とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。

 

アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。

 

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。

 

ブロークン・ウィンドウ理論、壊れ窓理論ともいう。

 

---- 引用ここまで ------

 

といった感じで『割れ窓理論』ってのは割れた窓が一枚あっただけで、それをきっかけとして治安が悪化するって風な考え方です。

 

ってことで今回は『車上荒らし』って犯罪行為に対して私が取った行動をお話し、つまり『仄めかす(ほのめかす)』ことにします。

 

この私の『仄めかし(ほのめかし)作戦』が『車上荒らし』に対しての抑止効果となり、将来的に強盗殺人犯となる犯罪者減少の一助になればと思います。

 

『車上荒らし』といった窃盗常習犯の立場にある者にとっては、この私が実践している『仄めかし(ほのめかし)作戦』により将来的に強盗殺人犯として死刑判決が下るといった可能性を私が排除してあげているってことが言えるワケですので、全ての窃盗常習犯は私に対し大いに感謝すべきだと思いますね。

 

私が車上荒らしの被害にあったのは三年ほど前のことです。

 

夜中の1時くらいに車で帰宅し、家の門から入ってすぐの駐車場として利用している場所に車を停めたわけです。

 

車を停めた瞬間に「知り合いに不幸があったので帰りに金封を買って来て欲しい」って家族から電話で頼まれていたことを思い出したわけなんです。

 

「車をまた出して買いに行くのは面倒やな」って思った私は車の荷物スペースに常時積んでいる折り畳み自転車を降ろして、片道10分ほどのコンビニまで買いに行こうって考えたわけです。

 

そこで軽の箱バンの荷物スペースのドアである上に跳ねあげて開くタイプのバックドアを開けようって思ったわけなんです。

 

しかし私が車を停めた駐車場って元々は普通車一台がゆったりと停められるスペースに普通車と軽自動車を停めていたってこともあり、荷物スペースのドアを開けるためには車の先頭を門ギリギリの位置まで前進させる必要があったわけです。

 

そこでエンジンをかけることなくサイドブレーキを外して車を手で押すことにより車の先頭が門ギリギリの位置になる所まで移動させると、荷物スペースのドアを上へ跳ねあげて開け折り畳み自転車を取り出し、即乗れる状態に展開すると同時に自転車へと飛び乗ってコンビニへと向けてペダルを踏んだわけです。

 

コンビニまでは片道10分なんですが、コンビニって書籍なんかも置いているワケなんですよね。

 

地域においての青少年が健全な生活を送れるようにするってのも、その地域における大人の役目ですので「これはケシカラン!!」みたいな「いかがわしい書籍なんかが無いかどうか?」ってのを調査する必要もあるわけなんです。

 

ですので健全な青少年育成の観点から書籍コーナーに立ち寄って、嫌いなジャンルの書籍を嫌々ながらも調査せざるを得んかったわけですよ。

 

健全な青少年育成のための調査ってことで熱が入ったこともあり、ついつい前のめりな体勢になりながら「こりゃケシカランな!!」なんて言いながら書籍チェックを嫌々ながら行っていたワケなんですが、「はっ!?」と気づくとかなりの時間が経過していたわけなんです。

 

嫌いなジャンルの書籍を置いているコーナーで、健全な青少年育成のために仕方なくとは言え10分以上も書籍チェックしていたわけです。

 

「流石にこれ以上書籍調査するワケにゃイカンな」ってことで家族から買って来るよう頼まれていた金封を手に取るとレジで精算し、家に向けて自転車のペダルを漕いだワケです。

 

家に到着し自転車を折りたたむと荷物スペースへと仕舞ったわけです。

 

ちなみに、門ギリギリの位置まで前進させていた車はバックさせないと門を閉じることが出来ないので、エンジンをかけずに車を押してバックさせるべくサイドブレーキを外そうとしたわけです。

 

その瞬間です!!

 

非常に違和感を感じたわけです。

 

違和感の原因はすぐに判明しました。

 

なんと車の助手席の足元に置いていた筈のビジネスバッグが無くなっていたのです。

 

自分では車のカギをかけていたつもりがどうやらそうじゃなかったみたいなんですね。

 

なんて風に書くと「カギを閉め忘れたあなたも悪い」みたいな犯罪者擁護のっていうか多分犯罪者自身なんでしょうが『どっちもどっち論者』みたいなキ〇ガイが湧いて出たりするわけなんですが、犯罪者が全面的に悪いに決まってます。

 

っていうかうちなんか田舎なんでそこいらのスーパーで買い物している車でもカギがかかっていないのやら、窓全開なのやらは普通に居るわけですし、そもそもスーパーへ出かける際に家のカギすらかけないって所も多いわけです。

 

そういった風潮もあることから、カギ云々以前にキッチリとした門扉や塀のある自宅敷地内に駐車中の車内にある物が盗まれるなんてこと自体が想像の埒外なわけです。

 

ひょっとすると家族の誰かが無施錠の車内に放置されているビジネスバッグに気づいて家の中へと持っていった可能性もあります。

 

しかし、家族に尋ねたところ誰も関知していなかったのです。

 

完全に盗まれたってことです。

 

時系列で整理すると、私が帰宅したのが夜中の1時頃でしたので、自転車を車から取り出して家を出たのが1時5分~1時10分くらいの間、そして片道10分のコンビニへの往復時間が20分、書籍調査および買い物で15分くらいってことになります。

 

つまり犯行時間は夜中の1時5分頃から1時45分頃までの間ってことになります。

 

いずれにせよ犯人はまだ付近にいることは間違いありません。

 

そこで車に飛び乗ると5分ほどの距離にある地元警察署へと駆け込んだわけです。

 

受付にいた警官に「ついさっき車からバッグを盗まれた」ってことを伝えると「なにぃっ!?」って感じで付近にいた4~5名ほどの警察官が全員近寄って来て私の説明に耳を傾け始めたわけです。

 

「ついさっき車からバッグを盗まれたので多分犯人はまだ自宅近辺にいる!!」ってことと住所などを言い終わった瞬間に、それまで付近で私の説明を聞いていた4名の若い警官が一番の上官だと思われる警官へとビシっと敬礼しながら「すぐ現場付近のパトロールに向かいます!!」って言うと、「犯人はまだ付近に潜伏していると思われるので十分な警戒を持って臨むように!!」みたいな言葉と共にビシっと答礼を返す上官と並んだ状態で立っていた私もついつられて若い警察官たちへとビシっと答礼をもって応えたわけです。

 

「ハッ!!」って言葉を残すと、その若い4名の警察官たちはキビキビとした動作で警察署の前に停めてあった2台のパトカーへと駆け足で向かい2名ずつ分乗するとパトロールへと出かけていったわけです。

 

私はというと警官たちに敬礼したまま姿勢でもって非常に頼もしい気持ちと共に「うん、うん」と頷きながら満足気な顔でもって見送ったわけなんです。

 

ちなみに私が警察署に到着して警察官たちがパトロールへと出発するまでの時間はわずか3分やそこらでしたので、付近に犯人が潜伏しているのを発見できれば捕まる可能性もありますが、夜陰に紛れることの出来る時間帯ってことであまり期待はできません。

 

私は刑事ドラマなんかでお馴染みの取調室みたいな部屋に案内されると、バッグ内にあった物や詳しい状況なんかを聴取されたわけです。

 

聴取は30分くらいで終了し、その間に現場周辺をパトロールした警官たちの報告も入ったんですが犯人発見には至らなかったって内容だったワケです。

 

聴取担当の警官に聞いた話によると私の自宅周辺ではここ数か月という短期間に3件ほど窃盗事件があったってことでかなり警戒はしていたそうなんですよ。

 

ちなみにうちの周辺ってホント田舎なんで、事件ってのには無縁な地域だと思ってたんでちょっと意外な気分でしたが十中八九は同一犯でしょうね。

 

もっとも片田舎で発生したごく普通の『たかが窃盗事件』でマスメディアやネットメディアで報道されるなんてことは無いでしょうから知らなくて当然とも言えます。

 

しかし前述のように『たかが窃盗事件』でも、犯行を重ねるうちに強盗殺人事件といった凶悪犯罪へと発展する可能性は大いにあるワケです。

 

そこで犯罪抑止のための『仄めかし(ほのめかし)作戦』の一環として私が取った行動をお伝えしておきます。

 

私が取った行動は張り込みです。

 

張り込みして犯人を捕まえようって考えたわけなんです。

 

よく刑事ドラマなんかでは牛乳片手にアンパンかじりながらやっているお馴染みのヤツです。

 

「危険なんじゃないか?」って風に思う人も居るかも知れんですが、アメリカみたいな銃社会なら一人での張り込みってリスキーかも知れんですが、ここは日本ですからね。

 

それに車上荒らしみたいなセコイしのぎをしている犯人ですので、その見た目なんかはアニメやゲームのやられ役の十把一絡げってタイプのモブキャラですら一緒に並んで立てばボスキャラに見えるってな感じの貧相でヒョロガリで吹けば飛ぶってな弱っちい感じなんじゃないですかね?

 

そんなんを怖がる理由ってのが全く分からんですね。

 

ちなみに張り込みする時間は犯行時間帯が含まれる夜中1時頃から3時頃までです。

 

張り込み場所は車内の後部座席です。

 

私、カーナビって使用する時にしか取り付けないんですよ。

 

そのカーナビを取り付けた状態とすることで犯人を釣るためのエサにしたわけなんです。

 

車の位置も犯人が犯行に及びやすいよう門ギリギリの位置まで出しておきました。

 

そして犯行時の状況を再現するため折り畳み自転車を車の荷物スペースから出し、それに乗って外出したわけです。

 

しかし外出したってのはそういった状況を何処からかコッソリと見ているかもしれない犯人に対する見せかけで、実際には出ていった表門とは別の入り口である裏門からコッソリと帰ってきており、犯人を取っ捕まえてやろうってんでそのまま車の後部座席に乗り込んで張り込みしていたってワケなんですけどね。

 

しかしホント犯罪者ってカンがいいって言いますか、10日ほど連続で夜中の1時から3時まで張り込みを続けたんですが結局犯人は現れなかったですね。

 

よく犯罪者って誰もが注意を払っていない一瞬の隙をついた犯行ってのを行うじゃないですか?

 

例えば子供連れ去り事件とか、大人が目を離した一瞬をついて犯行に及ぶって感じで、あたかも神隠しにでもあったかのように傍目には見えたりするわけです。

 

あるいは仲の良い友人同士3人~4人が集まってレストランなんかで食事中に財布なんかをテーブル上に置いていたら忽然と消えていたってのはよく聞く話で、その場に居る全員がテーブル上の財布に意識を払っていない刹那の瞬間を狙いすましたように盗んで行くわけです。

 

ああいったのをみると、あたかも『ザ・ワールド』みたいな数秒間 時間停止させる能力でも保持してるんじゃないかって疑うレベルなわけです。

 

いずれにせよ犯罪者ってのは犯行時においては常人からは想像できないほどの人並外れた天賦のカンの良さってのを発揮するってのは間違いないので、犯罪の被害者にならないためにはそういったことを念頭に置いての注意が必要ってことでしょうね。

 

まぁ張り込みに関しては直前に犯行を犯した家にすぐに窃盗に現れるって考えるほうがおかしいってことも言えます。

 

ってことで今ではたまに思い立った時、夜中の時間帯に張り込むようにしているワケなんです。

 

つまり!!

 

今まさに犯行に及ぼうとしているその場所で私が張り込んでいる可能性もあるってことを全ての犯罪者に伝えておきます。

 

といった感じで宣言することにより犯罪抑止効果を狙うってのが『仄めかし(ほのめかし)作戦』なんです。

 

『仄めかし(ほのめかし)作戦』の良い所は単なるハッタリ、つまりブラフとしても使い勝手が良いって所です。

 

もっとも私の場合は単なるハッタリといったブラフで言っているワケではなく、犯人を捕まえるべく張り込みは実際に行っているワケなんですけどね。

 

犯罪の現行犯ってのは『常人逮捕』ってことで、私みたいな一般人でも犯人逮捕が可能なんでナメんなよ?って風に思いますね。

 

ってな風に勇ましいコト言いながら実際はというと、犯罪者の陰に怯えながらベッドの中で頭から布団かぶってブルブルと震えていたっていいワケなんですけどね。

 

犯罪者側からすれば「ブラフなのか?本気なのか?」ってのは分からんワケですから。

 

犯人を捕まえる自信がない人は、例えばカギを閉めた車の中で張り込んで犯人が来たら写真撮影や動画撮影するってだけでも良いんじゃないかって思いますね。

 

前述のようにどうせ犯人は弱っちいヒョロガリみたいなタイプでしょうから、カメラのフラッシュをあびただけでもビビッてオシッコ漏らしながら逃げていくんじゃないかって思うんですよね。

 

といった感じでカメラのフラッシュをあびせるだけでもセコイ窃盗犯一名が今後窃盗に及ぶ可能性を排除できるってことが言えるわけで、おのずと将来における強盗殺人といった凶悪犯罪に繋がる恐れのあった犯罪の芽を小さいうちに摘み取ることが出来たってことが言えるワケです。

 

ちなみに犯行があった日から三日ほど後なんですが、犯人の手がかりになりそうな情報を掴んだので警察署へと伝えに行ったんです。

 

一応どういった情報だったかお話ししますと家の前に水路があるんですよ。

 

その水路の水位を監視するための監視カメラが市の土木課とかによって設置されており、その設置場所がまさに家の前だったのです。

 

なんでも監視カメラ設置の際に市の担当者が「家が映り込む場所に水位の監視カメラを設置するのでご理解を・・・」って感じで説明に来たそうなんですよ。

 

それを家族が思い出し私に伝えてきたので、私はソッコーで警察署へと知らせに走ったわけなんです。

 

後で聞いた話では夜間ということもあってか、あるいは監視カメラの性能的なものか、あるいは上書きなどで映像が残っていなかったのか「監視カメラからは犯人の手がかりは得られなかった」ってことでした。

 

その警察署に行った際に「犯人を捕まえようと、あれから毎日夜中に張り込みをしている」って何気なく担当の警官に言ったんですよ。

 

その際に返ってきた返答が「そうなんですか、頑張ってください!!」ってものだったのはちょっと意外でしたね。

 

なぜ意外だったかっていうと「危険なんで止めた方がいいですよ」みたいに返答されるって予想していたためです。

 

ちなみに盗まれたバッグ、盗まれた翌日に自宅前の空き地の草むら内に手つかずの状態で放置されているのが発見されたんです。

 

手つかずってなぜ言えるかと言うとバッグ内にあった現金およびテレホンカードやクオカードといった金券およびキャッシュカードやクレジットカードといったカード類なんかも、そのままの状態で残っていたのです。

 

このことから恐らく犯行ってのは私が自宅に到着する寸前に行われたってことが推測できます。

 

おそらく犯行を終えたと同時くらいのタイミングで私が帰って来たため、犯人としてはもし私が即座に行動し家族なんかも総出で自宅周辺でバッグの捜索を始めたりすれば、私のバッグを持っている状態を発見された瞬間に犯人だと即バレするためかなりリスキーなわけです。

 

そういった理由で犯人はバッグの中身を確かめる余裕すら無く家の前にある空き地の草むらの中にバッグを投げ捨てて逃走したんじゃないかな?って風に考えられるわけです。

 

ちょっと余談ですが、バッグといった中に色んな物が入っている物を落としたり盗まれたりした場合、自分で中にある物を全て把握できていないとちょっと厄介なことになります。

 

なぜかって言うと聴取の際に盗まれたり落としたりしたバッグの中に何が入っていたかを全て伝える必要があるからです。

 

また、バッグが見つかった際には聴取時に申告していた内容と、実際に中に入っている物が申告内容と合致しているかってことを一品一品照らし合わせながらの作業を終えた後でないと返却されません。

 

例えば、申告時に「○○銀行のキャッシュカード」って言っていたわけなんですが、バッグの中にあったのは「○○相互銀行のキャッシュカード」だったわけです。

 

「内容が違うじゃないか?」ってなるレベルで厳密に申告した中身と実際の中身を照合されます。

 

あと例えばバッグの中に頭痛薬と目薬が入っていたワケなんですが、そういった薬類にラベルみたいなんが付いて無かった場合は当然のこと、ラベルが付いている薬なんかも全部「これは何の薬か?」っていちいち聞かれます。

 

かなり厳密なんでヤバイ薬なんかがバッグの中に入っていたら一発アウトなのは間違いないでしょうね。

 

あと大人のオモチャみたいな感じのちょっと他人に見られたくないような物なんかが入っていたりすると、かなり恥ずかしい思いをするのは間違いありません。

 

 

私達のコミュニティ『介遠隊』では認知症予防・ボケ防止の観点からPCオンラインゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』をプレイすることが最善・最適だと考え推奨・推進しております。

 

更に私たち『介遠隊』会員は毎日30分以上運動する事をルールとし、自身へと課す事で健康な体づくり・体力維持・体力向上に努め健康寿命を延ばすことを目的としています。

 

ぜひ!!あなたも私達のコミュニティ『介遠隊』の会員となって、一緒にPCオンラインゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』を始めましょう。

 

そして『介遠隊』の気の合う仲間達と一緒に和気アイアイ、楽しく仲良くワイワイとコミュニケーションしながら『健康寿命を延ばす』という目標に向かって共に進んで行きましょう。

 

 

【関連記事】

 

【ケース3~遺失物横領(ネコババ行為)】犯罪者が犯す犯罪行為のエスカレーション(段階的な拡大・激化)防止のために!『仄めかし(ほのめかし)作戦』によって犯罪抑止効果を狙う!!

 

【ケース2~窃盗・車上荒らし】犯罪者が犯す犯罪行為のエスカレーション(段階的な拡大・激化)防止のために!『仄めかし(ほのめかし)作戦』によって犯罪抑止効果を狙う!!

 

【ケース1~動物虐待】犯罪者が犯す犯罪行為のエスカレーション(段階的な拡大・激化)防止のために!『仄めかし(ほのめかし)作戦』によって犯罪抑止効果を狙う!!

 

 

全ての記事タイトル一覧はこちらのリンクから確認できます。

 


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ←☆BlogRanking☆中高年世代のPCオンラインゲーム(eスポーツ)デビュー大歓迎って各種団体・企業および個人or本ブログの健康寿命を延ばす活動に賛同頂ける各種団体・企業および個人の方は1日1クリックをお願いします
【☆PCオンラインゲーム・eスポーツ人口を増加させたいので是非クリック&フォローお願いします☆】

ブログランキング参加中!にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
↑Blog Ranking1日1クリック


【ツイッター↓フォローバックするので気軽にフォローして下さい】
ツイッター⇒Twitter

フェイスブック⇒Facebook

【YouTube(ユーチューブ)↓チャンネル登録お願いします】
ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒ボケ防止に始めるPCオンラインゲームYouTube(ユーチューブ)チャンネル

管理人(nakayama)のYouTube(ユーチューブ)チャンネル⇒管理人(nakayama)YouTube(ユーチューブ)チャンネル

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ